(出典 qetic.jp)
6月16日の東京5R・2歳新馬(芝1600メートル)は、福永祐一騎手騎乗の1番人気サクセッション(牡、美浦・国枝栄厩舎)が好位から直線抜け出して快勝した。タイムは1分36秒4(重)。

サクセッションは、父キングカメハメハ、母アディクティド、母の父ディクタットという血統で、全兄クルーガーはマイラーズCの(GIII)の勝ち馬。

 ◆福永祐一騎手(1着 サクセッション)「すごくセンスがいいですね。この時期の2歳馬なのでトモの甘さはあり、そのぶんエンジンのかかりが遅かったですが、他はいうことありません」


【【注目】クルーガーの弟、期待に答えて1着発進【新馬伝説】】の続きを読む