(出典 hedge.guide)
リップルが米国の送金会社マネーグラムに出資し、戦略的な提携関係を結んだ。クロスボーダー市場で仮想通貨XRPの普及がさらに進む可能性がある。 出資額は5000万ドル(約54億円)。両社は、クロスボーダー(国をまたいだ)市場でブロックチェーン技術を使ったデジタル資産を使った決済で提携関係を結ぶ。マネーグラムは、200ヵ国にある小売店や郵便局、銀行など34万7000箇所で送金業を手がけている。


【【Ripple】今回の上昇は本物との噂が広まる【仮想通貨】】の続きを読む